時計のリューズがはずれてしまった場合

ご使用中、何かの拍子に「リューズがポロッと外れてしまう」ことがあります。

リューズを取り付けている巻真と呼ばれる直径1mmに満たない細長い軸からネジに沿って外れたのか、あるいは巻真が折れて外れたのか、リューズそのものがひび割れたのか等々原因は様々で、それによって修理の内容は大きく変わってきます。
単に緩んではずれた場合は取り付けるのは比較的簡単な作業です。しかし写真の時計の場合は巻真が折れて外れています。しかもリューズの際でポッキリと。ケースとしては難易度が高いです。

もし先が何ミリかでも残っていればそこを掴んで巻真を取り出す可能性も期待できるので、うまくいけば新しい巻真さえ用意できれば基本的にリューズは再利用できます
しかしながらこのケースでは掴み代がないので通常はリューズの再利用が出来ないことになります。
同じロゴマーク入りのリューズを取り付けるには、メーカーに送ることになります。そうするとOHも必須でフルメンテの見積もりが上がってきますので、その費用もなかなかの金額になります。驚くほど高額になる可能性大です。

リューズさえあれば何とかなるんですがねえ。
あるいは別のリューズを合わせてみて、運よく使えるものが見つかれば(ロゴマークはありませんが)とにかく時計として使用可能になります。でもぴったりのものが見つかる飛翔はありません。

ということで、うちではそういう非常事態に備えるべく、かねてより色々と準備しております。具体的な方法は申し上げることができないのですが、リューズからその折れ込んだ巻真を抜く、しかもねじ山は潰さずに再度新しい巻真を使用して元通りにするというチャレンジをやっています。
チャレンジということは、はいそうです、残念ながら必ずできるということではありません。しかしながら今までに積み上げたノウハウもあって、リューズのコンディションが良好であればかなりの確率で成功しています。

今回のケースでは、セーフ!
時間はかかかりましたが、綺麗にはずれて(汗)、元通り使えるようになりました。
よかったです。


お持ちの時計のリューズがはずれてしまったら、まずは外れたリューズを探してください。それを一緒にお持ちいただけばなんとかなるかもしれません。(なんとかならないかもしれませんが、、、頑張りますので)

 

レーザー溶接機を導入

この度レーザー溶接機を導入しましたので、今回は宝飾品、アクセサリー、時計、メガネなどの加工や修理に関して技術的な面でのお話をさせていただきます。

金やプラチナ、シルバーのような金属と金属を溶接するには、バーナーなどを用いてそれらをくっ付ける役割の材料「ロー材」が溶ける1000℃前後の高温に熱する必要があります。
例えばチェーンの一部がが切れたり、ペンダントの丸カンが切れたりすると、そうやって修理することが一般的です。ところがすぐ側に宝石やガラスがある場合は、そんな熱を加えると割れたり壊れたりしてしましますから、あらかじめ取り外して作業することになります。もちろんその後で改めて石留めすることになりますが、一度起こした爪が折れた場合は、改めて爪を作ることになります。

別のケースで、ホワイトゴールドにはロジウムメッキが施されていることが多いのですが、炎を被ると剥がれて変色してしまいます。そういう場合は仕上げをしてから再度メッキ処理をすることになります。

このようなケースは工程が増えて時間と費用がかかるにしても、とにかく「出来る」ことですからまだ良しとするわけですが、出来ないようなケースもあります。

例えば、エメラルドのメレがたくさん入った所の1個が爪が折れて外れてるような場合は困ったことになります。まず小さな石を全部外して・・・所々爪が折れて・・・気が遠くなるようなことになるわけです。
時計のバンドのステンレスのバンドのコマやクラスプが切れたり、壊れたりすることがありますが、これをロー付けでくっ付けるのはなかなか困難なことです。

他にも多くの例があるのですが、直接高温の炎に晒せない作業が必要になった時やロー材を使わずに素材同士をくっつける必要がある時、「レーザー溶接機」が問題解決に真価を発揮します。
僅か0.2mm程度のスポットにレーザービームを当てて瞬間的に溶解しますから、付近に高熱を伝えることはありません。石を外す必要もなく、再メッキも必要ありません。

元々メーカーが使用しているような設備で、うちなど小規模な小売店が備えることは稀なことでしょうが、お客様からのご相談がますます多岐に渡るようになり、より的確な作業でスピーディーにお応えできるようにと思い導入に踏み切りました。

どんなことでも出来るわけではございませんが、ベストを尽くします。
何でもお気軽にご相談くださいませ。

Matsuya
松屋時計店 平松 博
〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp

営業時間10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日

G-SHOCKのバンド交換

G-SHOCKのバンド交換を承りました。
G-SHOCKのバンドにも色々なタイプがあり、これは両サイドのネジを外して取り付けるタイプですが、すでにネジ山を「なめた」状態です。一見してこれは容易には回らない感じですので一旦潤滑剤を入れて時間を置きます。
日を置いて回そうとしてみるのですが、どうにも動く気配すらありません。
ネジの噛み合い部分が大きい上に、ネジ山が小さいためちょっとやそっとのことでははずれない模様。こうなると総力戦であれもこれも動員して色々試すこと3日がかりで、どうにか外すことに成功!無事交換することができました。

ネジの状態はやはり下の写真のように錆び付いていました。ちなみにステンレスは酸素に触れていれば錆びませんが、酸素のない状態(ネジの噛み合わせの僅かな隙間に汗や汚れが侵入して空気を遮断してしまった状態等)では錆ます。
同じ理由で、時計の裏蓋についてる透明の傷防止シールも長くなると隙間に錆が出たり変色したりしますから、ほどほどの時期に外しておくことをお勧めします。



今回使用した道具「主な登場人物」たちです。
小さな「ネジ」ひとつですがなかなか奥が深いです。

HAMILTONトートバッグ入荷

写真のHAMILTONトートバッグ(非売品)が入荷しました。
結構大きくて、サイズは幅39cm/高さ48cm(手紐除く)ほどあります。マチはありませんがジッパーが付いているのでいろいろご活用いただけるかと思います。

HAMILTONウオッチをお買い上げの方にもれなくプレゼントさせていただきますので、ぜひこの機会にお買い求めをご検討くださいませ。
(数に限りがありますので勝手ながらなくなり次第終了となります。)

なお松屋時計店はHAMILTON正規販売店ですので、2年間のメーカー保証付き・お買い上げ品のバンド調整無料(何度でも)・磁気帯びの対応・最適なメンテナンスのご相談等、安心してお買い求めいただけるお店として皆様にご満足いただけるよう努めてまいります。

簡単・長持ち! 時計バンドにお勧めのバックルです

ずらりと並んでいますが、これらは主に革製(ラバーやシリコンも)の時計バンドに取り付けて使用するバックルです。一般的に「Dバックル」と呼ばれたりしていますが、こちらにあるのはそれが進化した「Mバックル」とも呼べる両開き構造で、サイドにはプッシュピンが付いているのでそれを軽くつまむだけで簡単に取り外すことができます。一旦取り付ければ、簡単な操作で同じ位置に、ネイルを傷めずに着け外しできるのは安心です。

それともう一つ大事なことがあります。
このバックルにすると、バンドを折り曲げる必要があまりないので、長持ちします。
普通のピンバックルと呼ばれる金具の場合は、腕に着ける時にバンドを引っ張って金具の棒を穴に通すわけですが、この時に曲げる部分が集中して痛みがちです。
バックルを変えれば、上の写真のようにバンドは折り曲げる必要がなくなるわけです。

もちろんMバックルは取り外し自由ですので使いっきりというわけではなく、バンドを交換する際は新しいバンドに移動することで、引き続きご使用いただくことが出来ます。耐久性については、私もこのバックルをいくつか愛用しておりますが、ステンレス製でガタもなく、結構丈夫でそれぞれ数年経ちますが特に問題なく使用しております。

上の写真の時計はHAMILTONのPSR Digital Quartzで構造が外から見えないコンシールド・クラスぷと呼ばれるものです。一般的なメタルバンドに多く見られる構造です。
写真を見ていただく一目瞭然ですが、このMバックルの中心部分は元々メタルバンドに使用されていた構造を革バンド用に作り直したことが分かります。

これから暑い夏に向けて汗ばむ季節となりますが、さらにもう一つの利点は、バンドと肌の間に少し隙間が生まれるので汗べったりの状態になりにくくて快適なことです。

肝心の価格は、各種(2,200円〜6,600円)ある中で、お勧めは銀色のタイプが2,200円(税込)、ゴールド・ピンクゴールド・ブラックは3,300円(税込)とリーズナブルな設定となっています。もちろん取り付けもさせていただきます。
一番上の写真以外にもバンド幅に応じて豊富に在庫しておりますが、バンド形状などによっては取り付けができないものもございますので、詳細はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

HAMILTON新製品

人気のHAMILTON「ジャズマスター オープン ハート」に新色が登場しました。
美しいシルバーダイヤルに映えるブルーのインデックスと針。精巧にカットアウトされたダイヤルからは、スイスメイドの自動巻きムーブメントが正確に時計を刻み続ける様子を堪能することができます。洗練された個性を表現する同系色のブルーストラップか、落ち着いた雰囲気のステンレススチールブレスレットをお選びいただけます。
自動巻き | 42mm | H32705651
¥122,100(ブルーストラップ・税込)

特殊な時計バンドの交換 SKAGEN編

SKAGENのバンドを交換できるだろうかとご相談をいただきました。

このモデルに限らずバンドの取り付け方法が一般的な構造とは異なる専用バンドを取り付ける前提で出来ている時計は様々なメーカーから発売されています。その場合は専用バンドの交換をメーカー直営店や取り扱い販売店などに依頼することになるわけですが、海外など遠方や通販でお買い求めの場合はちょっと大層な感じになりますよね。
大抵の場合、日数や費用もそれなりにかさむことになりますし、もうちょっと手軽にどうにかならないかなというご希望も多いです。

そんな時のとっておきの選択肢をご案内します。
当店ではこのような特殊なバンドの交換は、例えば切れ込みがある場合は形状に合わせてカットしたり、また取り付けピンなども様々用意しており、できるだけ対応させていただけるように努めております。

さて今回の場合ですが
正面から見るとこんな風に、ケース側幅とのバンド幅が同じです。

裏面を見ると、バンドはネジ止めされていることが分かります。
多くの時計はケースの12時側と6時側に「ラグ」とか「足」とか呼ばれる突起があって、そこにバネ棒という細長いパーツでバンドを取り付けています。
今回の時計にはこの「ラグ」はなく、バンドはケースから突き出した部分の隙間に挟み込んだ上でネジ止めされています。

横から見るとバンドが挟み込まれているのがよく分かります。
この隙間はかなり狭くてそのままでは入らないのでバンドの端をこの隙間に収まるように圧着した上で取り付ける必要があります。
また、バンド幅はストレートで、取り付け幅12mm、尾錠幅12mmのバンドで厚みが元のバンドと同等で、素材やデザイン的にもふさわしいものを選ぶ必要があります。

当店はバンドの在庫はかなり豊富で国産以外にもイタリアのMORELLATOを扱っていますが、今回はその輸入代理店のCASSISブランドでぴったりのものが見つかりました。CASSISは「こんなバンドがあればいいのにどこも発売してないんだよなあ」というような「隙間」を埋める緻密なマーケティングを得意にしてるとても優秀なブランドだと思います。
使用することになったのはゴールドブラウン色のカーフで価格は2750円(税込)と案外お手軽です。
そのバンドの端のバネ棒が入る部分を接着した上で機械で圧力をかけて薄くして隙間に入るようにします。

元のバンドはネジ穴は貫通しておらず、詳しく見るとバンドの厚みの半分ほどに下穴が開いているので、同様に穴を開けます。

出来上がったバンドを取り付けました。厚みの具合もちょうど良いちょうど良い感じです。最後に元のバンドに付いていた専用尾錠を取り付けて完成です!

時計バンドの交換でお困りの方はお気軽にご相談くださいませ。
何でも出来るということはございませんがベストを尽くすことをお約束します。

平松

ウノアエレの1ARイージーウォッチをご紹介します

イタリアの代表的なジュエリーメーカーであるウノアエレ社が提供する1ARイージーウォッチは画期的な特徴を持っています。
ケースとバンドが一体になった流線型のフォルムと、豊富なカラーバリエーションは個性的なファッションを演出してくれます。文字盤はお揃いのカラーに彩られ、8個のクリスタルが輝きます。
軽量で手触りの良いシリコン製のケースとバンドは肌に優しく、ハウジングが格納されていて汗に強い構造です。ムーブメントはMIYOTA製で電池交換や修理も可能です。
腕に着けるのはもちろん、バッグの手紐になどに付けるとアクセントになり、シリコンで覆われているので素材を痛める心配がなく安心してお使いいただけます。

価格4,180円(消費税込み)
素材:シリコン(ケースバンド)・アクリル(風防)
手首周り:約15-18cm
文字盤:約19x16mm
厚み:約12mm
幅:約26mm(リュウズ含む)
重量:約17g
1AR専用ポーチ付き

プレゼントにも最適です!
クオーツ時計(新品電池で約2年動作)
日常生活防水
機械部分1年間保証

ご遠方の方はこちらのYahooショッピングサイトでもお買い求めいただけます。
https://store.shopping.yahoo.co.jp/matsuyatokeiten/t102.html

CASIO世界時計の修理

クロックが動かなくなったとのことで修理をお預かりしました。長年愛用してきたものでできれば直して使いたいとおっしゃいます。
文字盤にはCASIO WORLDTIMEと描かれていますが、恥ずかしながらどうにも見覚えのない初めてお目にかかる時計であります。
縦横が7cmにも満たない小さな目覚時計?のようでも、よく見るとちょっと雰囲気が違う。一般的にこの手の時計では文字盤を取り巻くベゼルを回転させて時針に自分の居る都市を合わしてから、ベゼルに印刷された都市名を頼りに目的の国の時刻を読み取ります。しかしこの時計のベゼルを回すと何と回した分だけ時針が動くではありませんか。目的の都市名を12時の位置に動かすと、針が動いてその時刻を指してくれるのでとても分かりやすい。
そもそも時針・分針・秒針が揃って動くことでその時の時刻を示しているわけですが、その中の時針だけが時差の分だけどちらの方向にも自由に動くわけです。
しかも1時位置には昼夜を表す回転式のインジケーターが付いています。デジタルならば回路次第でどんなことでもできるでしょうが、この時計はアナログで全部歯車で動いているところがみそです。

さて修理はいかに。販売されていたのはかなり前のようだし、メーカーのサービスはまだ扱っているだろうか?ひとまずCASIOに尋ねたところ、すでに部品もなく修理対応は終了しているとのこと。そうだろうな。じゃあバラしてみるかなと言って、仕組みが分からないまま修理できるものだろうか?部品はどうする?
色々と問題はあるにしても、やれるだけやってみようと腹をくくってスタートすることにしました。


基本的にプラスティックの歯車類で構成されていますが、部品も多く結構複雑です。
そして心配した通り、歯の欠けた歯車や錆びた回路など交換の必要な部品があります。
という訳で残念ながらここまでかなと仕舞いかけたのですが、私もこの時計に惹かれてどうにも諦めがつきません。結局粘って部品を探してみることになりました。
しばらく経って、願いが通じたのか運よく必要な部品を入手することができ、洗浄、組み立ても順調に行き、無事元通りに動くようになりました。
嬉しかったです!

 

HAMILTON PSR ゴールドカラーモデル

HAMILTON PSR ゴールドカラー世界1970本限定モデル(限定BOX付き)が入荷しました。
ケースとブレスは発色のいいゴールドカラー、中央の有機ELハイブリッドディスプレイに浮かぶ赤色の数字を見ると「来たなあ!」という感じです。
まさにミッドセンチュリーのプロダクトの姿がそこにあります。


風防はサファイアクリスタル(反射防止加工)
10気圧(100m)防水
価格 ¥132,000.(税込)