NEW ! HAMILTON VENTURA 登場

ハミルトンが1957年に世界初の電気時計として発売した「ベンチュラ」に待望の新色が登場しました。

三角をモチーフとしたフューチャリスティックなデザインのこの革新的なタイムピースは、1957年当時航空機やキャデラックのデザイナー「リチャード・アービブ」が手がけたもので、映画ブルーハワイでエルビス・プレスリーが装着して革新のシンボルとしてその名を馳せることになりました。
以来60年以上もの長期に渡ってハミルトンのシンボルとして世界中で愛されてきています。

この度「ベンチュラ」シリーズに新たに登場したのが写真のモデルです。
ディープブルーのダイヤルにブルー・スエードストラップ。プレスリーの大ヒットシングル『ブルー・スエード・シューズ』にインスパイアされた新モデルを是非店頭でご覧くださいませ。

ブルーストラップ ゴールドカラー 32,3mm x 50,3mm  H24301941 ¥134,200

ブルーストラップ シルバーカラー 32,3mm x 50,3mm  H24411942 ¥134,200

フレックスブレスレット ゴールドカラー 32,3mm x 50,3mm  H24301141 ¥134,200

フレックスブレスレット シルバーカラー 32,3mm x 50,3mm  H24411142 ¥134,200

Matsuya

HAMILTON正規販売店 2年間のメーカー保証書付

松屋時計店 平松 博

営業時間10:00〜19:00
毎週火曜日定休

〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp 

古い時計が古い時計を助ける

1970年代でしょうか。スイス製TECHNOSのBorazonシリーズは超硬ケースがピカピカ光る、「当時の未来」をまとった最先端のデザインが人気でした。
すでに50年近い時を経て修理をお預かりしたこのTECHNOS。全く動きませんが、文字盤は綺麗です。
今はレトロモダンの時代。動くようになれば若い人も持ってみたいと思うんじゃないでしょうか。

ところが中を開けてみると、外観からは想像できないほどムーブメントのサビは深刻で、これを使うのは無理かなという状態。


この機械は確かあったはず。
探してみたところ、あったありました!
同じETAのムーブメント2824を使ってるRADOを発見。


このピカピカのムーブメントを使用すれば問題なし。
カレンダーの色が異なるので、それは入れ替えて、改めてOHして組み上がると、TECHNOS Borazonは見事に蘇りました。

当店は創業昭和23年ですから、かれこれ75年ほど営業していることになります。昔の時計のパーツなどもそれなりに持っておりますので、こんな時にお役に立つと嬉しいものです。
メーカーでは断られるような修理もできるだけやってみようと心がけていますので、お気軽にご相談くださいませ。

時計バンドは松屋時計店の得意分野です!

当ホームページの「MORELLATO時計バンド」のページでご紹介の通り、時計バンドについては内外のメーカーから最新のデザインをピックアップして300点を超える充実したラインナップを揃えております。

時計のデザインやサイズ、お持ちになる方のファッションや用途に合わせて、イタリアのMORELLATOを始めCASISSや国産のMIMOSA、BAMBI、BEARなどの中から実際に手に取って楽しみながらお選びいただけます。

今日はその中から素敵なバンドをご紹介いたします。
まずはCASSIS(カシス)の中から
BREST(ブレスト) 9,900円(税込)

フランスの老舗タンナーであるROUX(ルー)社が手がける最高級ランクの革として知られるEPSOM(エプソン)を使用。 世界のトップメゾンが認め、高級バッグにも採用するこだわりのレザーです。 ほどよいしなやかさと張りが上品で、カーフの中では汚れや水にも比較的強く、柔らかな発色時計を引き立てます。 また裏材にはHAAS(ハース)社が手がける高級皮革ZERMATT(ツェルマット)をチョイスし、上質な素材を贅沢に使用した逸品です。

HERMESを始めとするヨーロピアンデザインにもピッタリと合いますね。
カラーバリエーションは、ゴールドブラウンはもちろん、人気のグレージュカラーやブルージーンのチョーキーな色目もあって目移りしてしまいます。
柔らかい上質な革の手触りは格別です。

次は夏場の汗に強いタイプで、かと言って普通のウレタンバンドじゃないものを
MORELLATO(モレラート)の中からご紹介します。

CORDURA(コーデュラ)6,600円(税込) 左のブラックとグリーンの2本

ナイロンの7倍もの強度を持つ繊維「CORDURA(コーデュラ)」を使用したモデル。
裏面には特殊素材ロリカを使用し、水や汗にもより強くなりました。
バッグやアウトドア用のウェアなどにも使用されており、ミリタリー系の時計はもちろん、カジュアルな時計にも良く合います。


BIKING6,600円(税込)(バイキング) 中央の2本
表面にカーボンの型押しを施したラバーを使用しています。
鮮やかなステッチを施すことにより、モノトーンの中にアクセントが加わりベルトが一段と上質さを備えます。
また、裏面にはステッチと同色のロリカが使用され、汗に強い機能美と黒に映える色彩美が融合した一本です。


CAREZZA(カレッツァ)6,600円(税込) 右の3本 
肌触りが良く、しなやかなシリコンを使用。
エンドピース部分の厚みが約5.3mmとなっており、モレラートの商品ラインの中でも厚みのあるモデル。
一見すると厚手のカーフベルトのような重厚な質感と、大胆に配されたステッチは、
ダイバーウォッチはもちろん、クロノグラフやミリタリー系ウォッチなどの大型の時計に特におすすめです。
ラウンド型の剣先にあわせて遊革・定革にあたる部分にも丸みを持たせるなど、細かいディテールへのこだわりも感じさせます。

MORELLATOやCASSISを始めとする各種バンドで、店頭に在庫がない場合でもお取り寄せが可能です。その際に送料は必要ございません。
取り付けも無料ですので、是非ご利用くださいませ。

また各種加工も承ります。
例えば下記のように、バンドの中央部に切り込みがある場合でも個別の加工で対応できることもございます。

さらにDバックルや飾りピン、バネ棒やピンバックルなどのバンド部分もたっぷりと用意しております。
ブレスの修理などで、「これは無理かな?」と思うようなことでも遠慮なくご相談くださいませ。レーザー溶接機などの設備もございますので、場合によっては無理を可能にするチャンスもあるかもしれません。

ご来店をお待ち申し上げます。

Matsuya
松屋時計店 平松 博
〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp

営業時間10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日

OMEGAのブレス修理いろいろ

OMEGA SeamasterやSpeedmasterのブレスレットの修理が増えています。

今回はブレスのコマの接続部分ではなく、クラスプ部分の修理について具体例をご紹介します。

まず片側をプッシュしてブレスを開くタイプです。上の画像は修理完了のものです。
このタイプはオメガのSpeedmasterにも見られる構造ですね。

下の画像の赤い矢印の部分のステンレスの板がはがれて浮いてしまったことで、いもネジと呼ばれるごく小さなネジが飛んでしまってます。その結果中のパーツが外れてバラバラになったんですね。

はがれた部分は当店のレーザー溶接機で溶解・共付けして箱型の構造をしっかり復元しました。
その後、上の画像で見えるような小さなスプリングがへったってるのでそれを交換。組み立てた後、紛失したいもネジを合わせてクラスプ部分を修理しました。今回はボタンの役目をしている凸凹した四角のパーツがあったので数千円での修理となりました。
もしこのパーツがないとハウジング部分一式の交換となって最近ですと4万円近くかかることになります。
お持ちのオメガのバンドが壊れた場合は、とにかく散らばった部品を探してください。小さな部品でもなんでも拾って一緒にお持ちください。

下のはもう一つの例です。これも修理完了した画像です。

この時計の場合はクラスプの両側にボタンのような部分があって、それをつまむように押し込むと開くようになっています。
長年使用しているうちに、その部分がスムーズに動かなくなって腕に留めることができなくなってしまいました。

これを分解すると下記のような構造になっています。
とは言っても、この画像は一度分解した後洗浄、修理して組み立てる前の状態なので、汚れは取れて綺麗になっています。分解前はあちこちに汚れがこびり付いて稼働部分が固まっていました。

このタイプのクラスプは複雑な構造になっており、上の緑の矢印の中にスプリングと可動するパーツが2組入っていて、へたったスプリングは2本共交換しました。
これでうまく直るはずだったのですが、なぜか動きが堅い。実用にならないほど硬い。という予期せぬ事態になり、あれこれと試して見ること1時間、そして2時間、、、
そうこうしているうちに、時間はかかりましたがついに取り合い部分の角の摩耗が原因だと突き止めることができました。
そこから問題をどうやってクリアするかは、案外スムーズでした。
隙間の部分に必要な遊びの間隔を加えると0.7mmになると推定。棒状のステンレスは0.1mm刻みで用意してるので必要な長さを切り出して、地板にレーザー溶接。組み立ててみるとばっちりでした。
開閉もスムーズにできるようになりました。
経年変化なので普通の修理だとクラスプ一式交換、もしくはブレス交換になるケースです。
そうなると数万円〜10万円超えですが、今回は1万円までで修理完了となりました。

今回はオメガの時計バンドの修理の実例を詳細にご覧いただきました。
時計のバンドに限りませんが、たいての場合メーカーに修理を依頼すればきれいに直っってくると思います。費用のことを抜きにすればそれで何の問題もなくお使いになれます。
ただ、故障の原因が特定の部分で、それさえ解決すれば費用ちょっぴりで使えるようになることは度々あります。
ちょっとしたことなんですよね。
それを修理する意欲があって必要な設備を備えて経験があればできることも多いんです。

地域に根ざした昭和23年から続く時計店として問題を解決できるよう日夜頑張っておりますので、お気軽にご相談いただけば喜んで取り組ませていただきます。

Matsuya
松屋時計店 平松 博
〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp

営業時間10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日

HAMILTON ジャズマスターパフォーマーシリーズ新発売


HAMILTONのジャズマスターに新たに オートマチックパフォーマーシリーズが加わりました。

機能性とスタイルの両方を求める方にぴったりな「ジャズマスター パフォーマー」は、パワフルでスポーツシックな外観が特徴です。標準持続時間80時間のH-10自動巻きムーブメントが駆動する「ジャズマスター パフォーマー オート」は、38mm/34mmのステンレススチール製ケースに、シンプルなブラックダイヤルと、洗練されたステンレススチール製ブレスレットが組み合わされています。
また革にパンチング加工を施したレーシングスタイルのストラップ付のモデルも同時に発売されました。

ジャズマスター Performer Auto
自動巻き | 38mm | H36205130ブラック ¥161,700
パワーリザーブ : 80時間の標準持続時間
防水性 : 10気圧防水 スクリューロック付リューズ

スタイリッシュな生き方を意識してデザインされた「ジャズマスター パフォーマー」は、アクティブに過ごす週末に耐えうる強靭さと、フォーマルなシーンにふさわしい洗練を兼ね備えています。

ジャズマスター Performer Auto
自動巻き | 38mm | H36215640ブルー ¥149,600
パワーリザーブ : 80時間の標準持続時間
防水性 : 10気圧防水 スクリューロック付リューズ

ジャズマスター Performer Auto レディスサイズも登場しました
自動巻き | 34mm | H36105140 ブルー ¥161,700
パワーリザーブ : 80時間の標準持続時間
防水性 : 10気圧防水 スクリューロック付リューズ

詳しくは店頭で実物をご覧くださいませ。

Matsuya
松屋時計店 平松 博
〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp

営業時間 10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日

CARTIERの電池交換は少し時間が必要な理由

最近CARTIERの電池交換について、お知り合いの方からのご紹介や、インターネットのレビューをご覧になったりしてご相談を頂戴することが増えています。
今日はカルティエの代表的なモデル:タンクフランセーズを例に取って、電池交換や内部点検の際に私が注意している極めて重要なポイントの一つをご紹介します。

上の写真は裏ブタのネジを外したとことです。
4隅がネジ留めになっていて裏ブタはケース縁に埋まっているので、ここから裏ブタを取り出す際には傷を付けないよう自作の治具を使います。不用意にこじ開けなどで外から引っ掛けようとすると、とっかかりがなく滑らしてしまうような構造ですね。
フタを開けるとこんな風になっています。

下の写真をご覧ください。ここが重要なポイントです。

矢印のあたり一面に汚れがついているのが見えます。
ケースと裏ブタの僅かな隙間に汗や水分に溶けてこうした汚れが溜まります。
パッキンがしっかりしているとそこで止まりますので、内部の機械部分には入り込まないように出来ている訳です。

裏ブタの方に着いた汚れは割合簡単に除去できますが、タンクフランセーズの構造ですとケース側に着いた汚れの方は簡単ではありません。
さまざまな道具を使用しながら、とにかくケース内やムーブメント内に散らばらないようにすることが最優先の作業となります。

この作業を飛ばして電池交換をするとどうなるでしょうか?
一旦裏ブタを開けたことで、その周辺に着いていた汚れは浮き上がります。それをそのままにして蓋を締めると、浮き上がった汚れはパラパラとケース内部に散らばって行きます。それが歯車の隙間に挟まるとその時点で時計は止まってしまします。結果、OH分解掃除しないと動かないことになる訳です。ケースを開けるということは、そのような事態を招くこともあるので常に細心の注意を払う必要があると思っています。

下の写真で分かるように、取った汚れがこんなにあるのかと驚きます。

でもきっちりと取り切れば、こんなにスッキリします。
パッキンにはシリコンを塗布、電池も入れ替えて問題なく正常に動いています。

裏ブタを締める直前ですが、右の緑色の物は細かい汚れをくっ付けて除去する樹脂です。
ねじ山なども綺麗にしてから締めていきます。


ネジを締めてこれで出来上がりました。
気持ち良くなりましたね。


今回は汚れを内部に落とさない、残さないという部分についてご紹介しました。

こうして電池交換が完了しましたが、実際の作業では汚れのことだけを注意しているわけではありません。水分が残っていないかとか、前の電池の液漏れがないかとか、ムーブメントの状態、消費電流、油切れ、電極、リューズ、巻真、ガラス、針、ブレスレット等々、さまざまなポイントを点検しながらの作業となります。
丁寧に作業を行いますので、コンディションによって少しお時間を頂戴する場合もありますこと、どうかご理解いただきますようお願い申し上げます。

下は私が使用しているNIKONの双眼顕微鏡です。8倍〜50倍に拡大することが可能で、ルーペ(2.5倍〜10倍)では見逃すかもしれない微細な部分も両目で立体的に見ながら作業ができます。
頼りになる相棒です。

ARNE JACOBSENの掛時計修理

巨匠アルネ・ヤコブセンの名作Wall Clock。現在の製品は日本製か台湾製のムーブメントに変わっているようですが、元々はドイツ製のムーブメントが使用されていました。

さて、今回修理するのはドイツ製のモデルです。

カーブしたガラスと文字盤のわずかな隙間に針が収められています。
ベゼルはほとんどないも同然。余計なものを排除した文字盤は明快で、ガラスは裏側からワイヤーでテンションをかけて固定しています。こうした構造はデザインを実現するためにあるということがよく分かります。


このムーブメントにはJUNGHANSの文字があります。単3の機械ですが、針が相当重いので普通のムーブメントでは止まってしまうでしょう。これは高トルク型ですね。
分解して故障の原因を探ってみたところ、回路のパターンに緑青が吹いてる状態で、これをパスしてみましたが内部まで壊れて発振していない状態でした。これはその部分を交換する必要があります。秒針用の歯車もあるのですが、これは使用せず時分の2針となっています。ムーブメント一式交換できればそれでもいいのですが、そもそも入手できるものかどうか?

そんな状況の中、UNGHANSはすでに廃番?
それでも最終的に同じドイツ製の同型で高トルクの1秒発振のムーブメントを入手できました。
この回路を入手できて良かったです。これがないと始まりません。
筒車の高さが異なるので入れ替えはできませんが、その部分以外は同じ構造ですので、いいとこ取りで組み上げていきます。


最後にガラスを取り付けるところは緊張の場面です。
とにかく割れないように気をつけて慎重にも慎重を重ねての作業となります。
という流れで無事完成!
JACOBSEN、いいなあ。

HAMILTON KHAKI FIELD MURPH に38mmモデル登場

バットマン ビギンズ、ダークナイト、インセプション、テネットなど数々のSF映画で圧倒的な映像表現と斬新な世界観で観る者を驚愕させてきた巨匠クリストファー・ノーラン/Christopher Nolan監督の「インターステラー」では時計が重要な役割を果たしています。


滅亡の危機にある人類の存在をかけたミッションに命懸けで臨む父クーパー。時空を超えた五次元の世界の中で連絡の途絶える中、娘マーフは時計の秒針を利用したモールス信号で父の生存を知り重要なデータを受け取ることに成功します。
そのデータを用いて数式を解いた時、「Eureka!(ユリイカ)」=「分かった」と声をあげます。それは地球の人類生存への希望の光が見えた瞬間でした。


地球の未来を描いたこの作品は、その映像美、緻密な脚本、そして父と娘の感動的なストーリーで観客を魅了しました。劇中で登場する父と娘をつなぐ大切な時計。ストーリーの鍵を握るこの重要なアイテムは、ファンの間では「マーフ ウォッチ」として親しまれ、製品化を望む声が後を絶ちませんでした。2019年、ハミルトンはその声に応え、劇中に登場したモデルを忠実に再現しました。

SFの世界で最も有名な時計のひとつとなり、映画『インターステラー』の中で重要な役割を果たした タイムピースを忠実に再現した42mmサイズの「カーキ フィールド マーフ」の秒針には「Eureka」の文字がモールス信号で表されています。


そして今回より小型のケースに収められた「カーキ フィールド マーフ 38mm」が登場しました。
より多くの皆様に『インターステラー』の世界をお楽しみいただけれることと存じます。


(右)カーキ フィールドMurph 38mm H70405730自動巻 | 38mm | H70405730 124,300円 (税込)
(左)カーキ フィールドMurph 42mm H70605731自動巻 | 42mm | H70605731 132,000円 (税込)

Matsuya
松屋時計店 平松 博
〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp

営業時間 10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日

年末は12月30日(金)までは通常通り営業いたします。
年始は1月4日(水)より営業いたします。

HAMILTON Jazz Masterに新作登場

ハミルトンのジャズマスター Ladyの新作がリリースされました。

(左)Lady Auto H32275890 ¥139,700 (右)Lady Quartz H32111140 ¥91,300

(右)Lady Quartz H32111140はケースサイズ26mmのクオーツ。
滑らかなラインにリッチなカラーリング、目を奪われるダイヤモンドの煌めきが唯一無二の雰囲気を生み出す「ジャズマスター レディ クォーツ」。スタイリッシュなブレスレットを組み合わせたミッドナイトブルーの26mmのダイヤルが、昼夜を問わずエフォートレスで洗練されたスタイルを演出します。

(左)Lady Auto H32275890はケースサイズ30mmの自動巻。
アリゲーター調の華やかなグリーンレザーストラップで圧倒的な存在感を放つ「ジャズマスター レディ オート」。12個のダイヤモンドインデックスを配した美しいマザーオブパールダイヤルを備え、38時間の標準持続時間を実現した自動巻きムーブメントを搭載したケース径30mmのタイムピースに、大胆なスタイルと繊細なディテールが美しく融合されています。

マザーオフパールのダイヤル

どうぞ店頭でゆっくりご覧になってくださいませ。

Matsuya
松屋時計店 平松 博
〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp

営業時間 10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日

ハミルトン専用バンドの交換はお任せください

お手持ちのHAMILTONの専用バンドの交換をお考えでしたら、お気軽にご相談くださいませ。

当店はHAMILTONの正規販売店です。
元々付いているバンドを正規ルートでお取り寄せすることが出来ます。しかも送料はご不要です。
革バンドを革バンドに交換したり、色違いにしたり、モデルによっては革バンドをブレスに交換することも可能で、その逆にブレスを革バンドに交換したりと、さまざまなケースに対応させていただきます。
またお買い上げいただいたバンドを取り付ける際の、取り付け料やブレスのコマはずしなどの技術料は頂戴しておりません。その場で実際に手首に合わせて調整させていただくのでフィッティングがぴたりと決まります。
いずれもバンド本体の料金だけで交換できますのでお得かと存じます。

店頭にはVENTURAなどいくつかのモデルのバンドは在庫がございますが、多岐に渡るモデルの専用バンドはご注文で対応させていただいております。通常納期は3日〜1週間以内です。
ご不明の点などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

なお、インターネットなどでお客様ご自身でお買い求めになったバンドの取り付けも(有料ですが)承ります。バネ棒やバンドに関連するDバックルやピン、ネジ、パイプなどのパーツも豊富に取り揃えおりますのでどうぞご相談くださいませ。

また店頭にはMORELLATOやCASSIS、国産のバンドを多数取り揃えておりますので、その中からお気に入りをお選びいただくこともできます。在庫のないバンドを当店を通じてご注文いただく場合、送料は頂戴しませんのでお気軽にお申し付けください。
ご来店をお待ち申し上げます。

Matsuya
松屋時計店 平松 博
〒640-8033 和歌山市本町2丁目27番地
電話 073(422)0905
FAX 073(422)6667
mail  jazz@mta.biglobe.ne.jp

営業時間 10:00〜19:00
定休日:毎週火曜日